しわはどうしてできるの?

しわができる原因について見ていきましょう

しわはどうしてできるの?

しわができる原因ってなに?

1、紫外線 

しわができる原因の一つ目は紫外線です。健康な皮膚は「コラーゲン」や「エラスチン(弾力繊維)」等に支えられ、肌に弾力を生んでいます。しかし、皮膚は紫外線を浴びると、コラーゲンやエラスチンを変性・破壊する酵素を作ってしまうのです。

紫外線が原因で起こる肌の老化を「光老化」といいます。紫外線を浴びやすい顔は、身体の他の部位に比べ、光老化の影響を強く受けます。

若い頃は、新たな繊維を作る力が活発でしわができません。しかし、加齢でその機能が衰えると、紫外線のダメージを修復できなくなります。傷ついたまま残った繊維は、しわの原因になると考えられています。

2、乾燥 

しわができる原因の二つ目は乾燥です。特に肌の乾燥は小じわの原因になりやすいです。通常の角質層には、水分を保持し、有害物質から肌を守るバリア機能があり、肌の乾燥を防いでいます。しかし、20歳をピークにその機能は低下していきます。

バリア機能が弱まると、角質層の表面はひび割れ、表皮の水分が蒸発します。結果、皮膚は乾燥状態となり、小じわができてしまうのです。

3、そのほか考えられる原因

― 加齢や身体の変化

肌の弾力は、角質層の天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質、真皮層のコラーゲンやエラスチン間のヒアルロン酸に支えられています。ですが、加齢と共に量が減り、しわの原因になってしまいます。

コラーゲンやエラスチン等の生成に欠かせない「女性ホルモン」も、30代前半から分泌量が減少し、肌の弾力低下の原因になります。

― ストレスや顔の表情

表情じわは表情の変化の繰り返しで作られます。また、肌の弾力低下の原因となる「活性酵素」は、ストレスや喫煙等が元で発生します。活性酵素は肌を酸化し、コラーゲンを硬化させてしまいます。

しわの予防と対策で大事なことは?

1、しわの予防

しわを予防するには、紫外線&乾燥対策が効果的です。さらに、既にできてしまったしわの進行をストップさせることもできます。まずは、保湿剤で角質層のバリア機能を高め、紫外線のUVA・UVBはサンスクリーン剤でカットしましょう。

また、ストレスフリーな生活を心がけ、活性酵素の発生を抑えることも大切です。酸化を防ぐスキンケア用品も併用すると良いでしょう。

2、できてしまったしわの対策

コラーゲンやエラスチン等の再生を促すスキンケア化粧品がオススメです。市販もされていますので、まずは日々のスキンケアを入念に行い、しわの進行を食い止めましょう。市販の化粧品でも効果が薄い場合は、形成外科で外科的治療を受ける選択肢もあります。

手術に抵抗がある方は皮膚科で相談してみましょう。外用薬やヒアルロン酸注入、ボトックス注射等メスを使わない治療法もあります。