美しく年を重ねる「アンチエイジング」とは

若作りとは異なる若々しさとは?

美しく年を重ねる「アンチエイジング」とは

多くの女性は、加齢と共に「シワ」に思い悩まされますね。 しかし、一口に「シワ」といってもその種類は様々です。個人個人での肌質ももちろん大きく関わるでしょうが、「どんな人なのか」といった内面も「シワ」の出来方に関わってくる事は経験からご存知の方も少なくはないでしょう。

いつも不機嫌にしている女性には、眉間に深く縦ジワができるでしょうし、 逆にいつも笑顔の絶えない女性には笑いジワができるでしょう。 もちろん、普段の食生活や睡眠など、ライフスタイルも大きな要素であるはずです。

近年耳にする機会の増えた「アンチエイジング」によって「シワ」を食い止めたり 改善させる事は可能ではありますが、老化現象の全てを消し去る事は不可能ですね。 生きていれば全ての方は老化していくのですが、「どのように年を重ねるか」で その人の美しさや魅力が大きく左右されるのです。

若い頃の実年齢と見た目年齢に、それほど大きな差はないかと思います。 しかし、加齢とともに「若く見える人」と「老けて見える人」との差は大きく開いていくでしょう。 20才の女性が高校生に見える事はあっても、小学生や幼児に見える事はありませんよね。

それに対して、20代後半に見える50代の女性はいてもおかしくはありません。 いつまでも女性として輝こうと意識する女性と、「もう年だから・・・」と諦めている女性とでは 年々その差は開いていってしまうでしょう。

かといって、「シワ」を塗り隠すような厚化粧は「アンチエイジング」とは言いませんね。 逆に「ナチュラル」や「自然体」を意識しすぎるあまり、スッピンのまま過ごす事も不自然です。

実年齢と見た目年齢の差が広がるお年頃だからこそ、 「素肌の美しさ」という基本が問われている事を忘れては行けません。いつまでも高い美意識を持つ事で、全く老化しないわけでは無いのかもしれません。

しかし、「美しくあろう」「輝いていよう」という意識が、その人を若々しく美しくする事は間違いないでしょう。行き届いたスキンケアで自身の肌を労り、またいつも笑顔で美しく年を重ねる・・・ これこそが無理な若作りのない「アンチエイジング」の基本なのではないでしょうか?