ほうれい線消す、成功の鍵とは?

ほうれい線とサヨナラする為のエイジングケア

ほうれい線消す、成功の鍵とは?

「シワが無くなる」「シミが消える」「透明感が出る」・・・ネットやドラッグスロア、化粧品売り場などで見かける化粧品の宣伝文句には、しばしばこのような台詞が見受けられます。

基礎化粧品選びは、そんなキャッチコピーに魅力を感じ商品を手に取ってしまう事も珍しくはないでしょう。「この化粧品で、あのモデルみたいな肌になれる」と淡い期待を抱いて使い始め、思ったような効果が得られなかったと使用を辞めてしまった経験はありませんか?

そもそも、私たちの肌はターンオーバーと呼ばれる代謝によって本来の美しさを取り戻します。そのターンオーバーは正常なサイクルを持つ方でも28日だと言われていますので、どんなに効果的な商品であったとしてもほんの数週間で結果が出るはずがないのです。

またターンオーバーは加齢によって遅くなるものでもありますので、なおさら即効性を求める事は不毛と言えるでしょう。「アンチエイジング」「スキンケア」は継続する事が何よりも重要なのです。結果にあせらず、まずは気長に続けてみましょう。

また、意外に思われるでしょうが毎日のほうれい線を消すためのスキンケアはどのように使っているかもポイントとなるかもしれません。

「日々の積み重ねが重要だから・・・」と、義務感を抱きながらのスキンケアと、逆にお気に入りのソファやクッションに横になりながら楽しんで行うスキンケアとでは、同じ基礎化粧品を使っていたとしても効果に差が出てくる事があると言われているのです。

気分の問題と軽視しがちですが、美しくなった自分のイメージを持ちながら毎日のケアに励む事は ダイエットにおいても同じ事が言えるのではないでしょうか?

「面倒だけど、やらなくちゃいけない」と億劫に考えず、「これでキレイになるんだ!」「若返るんだ」とポジティブな思いを抱くように心がけてい見て下さい。美しく変わる自分をイメージしながら楽しんで継続することが「アンチエイジング」成功の鍵と言えるでしょう。

噛み方を変えてアンチエイジング!?

意外に思われるかもしれませんが、表情筋が老け顔に与える影響はとても大きいものです。 私たちのお顔には、約40個もの筋肉が存在していて、お肌の下でお肌を支え、また釣り上げるようにキープしてくれています。

筋肉ですので、もちろん年齢を重ねることで低下してしまうこともあるのですが、 普段から無表情なタイプの方は、さらに加速的に筋力のダウンが進んでしまうでしょう。 老化を食い止めるためにも、日常から表情豊かに、楽しんで生活をすることが大切です。

それともう一つ、表情筋を鍛える重要な習慣が存在しています。 それは、食事です。噛むときの癖は、多くの方が持っているでしょう。]

右側で噛む人、左側で噛む人、それぞれの癖が、お顔の形や筋力に大きく関わっていると言われています。左右対称に表情筋を鍛えることで、お顔は引き締まった印象に変わっていくはずです。

左右対称に表情筋を鍛えるため、左右同じ回数を意識して噛むことを心がけてください。よく、「30回は噛みましょう」ということがありますが、噛むことを意識すれば満腹中枢が刺激され暴飲暴食を防ぐことにもつながります。

表情筋のためだけではなく、ダイエットのためにも噛むことを見つめ直してみてください。さらに、左右対称に噛むことで得られるメリットはそれだけではありません。

もしもどちらかの歯で噛む癖がついていたのなら、お顔自体が歪んでしまっている恐れもあるのです。 左右対称に噛むことで、お顔の歪みが解消され、小顔効果も期待できると言われています。

表情筋を鍛えることでハリ・弾力の低下や、たるみが改善できるとともに、 ダイエットや小顔効果までもがもたらされるのであれば、嬉しいことばかりですよね。

とても些細な方法に感じられるかもしれません。しかし考えてみれば、食事は毎日、しかも3回繰り返し行っていることです。

少しづつの工夫や努力でも、毎日の積み重ねで大きな結果をもたらすことができるはずですよね。 アンチエイジングで、若々しく美しい見た目を保ちたいとお考えなのであれば、 ぜひ毎日の食事のあり方、噛みグセについてを見つめ直してみてはいかがでしょうか?

ほうれい線ケア《30代の場合》

ほうれい線が気になり始める多くの女性は、年代的に30代が最多なのではないでしょうか? ほうれい線に限らず、30代はこれまでの年代とは異なる老化現象が徐々に目立ち始める年頃です。

アンチエイジングを気にし始めるのも、この年代が多い様な印象ですよね。「あれ、いつの間にかこんなにオバちゃんぽくなちゃったの?」とショックも大きいでしょうが、だからこそ、これまでとは違う大人のケアをスタートさせ、これから起こる老化を食い止めましょう。

30代のほうれい線の原因には、実に様々な要因が絡み合って発生しているようです。お肌の乾燥、紫外線によるダメージ、真皮層にあるコラーゲンの減少・質の低下、表情筋の低下などが考えられます。

10代や20代の頃と同じケアにプラスして、様々なダメージを阻止する工夫を始めましょう。

お肌の乾燥は、30代に限らずどの世代にとってもスキンケアの基本だと言えます。シワやシミ、ニキビなども乾燥によって引き起こされますので、悩みのないお肌を目指すのであればこれまで以上に徹底した保湿を心がけましょう。

紫外線によるダメージもそうですね。紫外線はお肌の大敵です。紫外線は真皮層に届き、ハリや弾力を支えているコラーゲンを破壊してしまいます。

そもそも真皮のコラーゲンは、加齢によって数を減らし、質も低下してしまうものなのですが、加齢にプラスして紫外線というダメージを与えている状態では、その分老化も早まってしまうのです。 一年を通した紫外線対策で、お肌へのダメージを防いでください。

また、真皮のコラーゲンの減少は、上にも書きました通り加齢によっても起こっています。 年齢を重ねるごとにたるみやシワが目立ってくるのはこの原因がとても大きいのです。

そして最後に、表情筋の低下によるたるみやシワの発生も気をつけて下さい。 しばしば、シワになるのを恐れて笑顔を意識的に作らない女性を見かけますが、 無表情を保つ事はたるみの発生に拍車をかけていますので、注意してください。 表情筋のトレーニングや、よく笑う習慣で、たるみのないすっきりしたフェイスラインを目指しましょう。